雪に弱い東京!!

23cmの積雪から一夜明けて。。。

雪1

べっちゃべちゃ(。>(ェ)<。)エエェェェ

隣の駐車場では車が入ることも出ることも出来ず諦めムードΣ(゚д゚|||)
雪2

本当に東京は雪に弱い!!

こんなブログからのスタートですが(笑)

本年もよろしくお願い申し上げます。

戌年

[ 2018/01/23 12:12 ] お店 | TB(0) | CM(0)

年越しの大祓!

近くの香取神社に年越の大祓・茅の輪くぐりが設置されました。

IMG_4260.jpg

半年間の罪や穢れを払い落とす神事で

この茅の輪を下記の作法のようにくぐります。

IMG_4261.jpg

穢れを落とし、ふと見渡すと。。。

街はすっかりお正月(*_*)

IMG_4262.jpg

IMG_4258.jpg


今年も大変お世話になりありがとうございました。

また来年もよろしくお願い申し上げます。

8FF05C9F-1B18-45F7-8B8A-AFE350376B60.jpg

新年は1月5日より営業いたします。

どうぞよいお年をお迎えください。




[ 2017/12/29 14:47 ] 日々草々 | TB(0) | CM(0)

明日から師走(+o+)

明日から師走。。。

街もすっかり冬模様を帯びてきました。

神宮外苑の銀杏も見頃です。
いちょう祭り

外苑前

上野公園の紅葉も負けていません。
上野 紅葉

上野紅葉

亀有の街もすっかりライトアップ!
亀有駅前のイルミネーション

IMG_4024.jpg

お店はイルミネーションするわけにはいかないので相変わらずですが(笑)

IMG_4035.jpg


福島正則
お節句のお客様はお早めにご相談ください。

お待ちしております。


[ 2017/11/30 13:33 ] お店 | TB(0) | CM(0)

白鷺のごとき甦る姫路城!!

昨年平成の修理が終わった

姫路城を訪れました。

白鷺城の名のごとく美しさが甦りました。

完成直後、白過ぎるなんて言われていたけどそんなでもない感じ。。。かな?

IMG_3502.jpg


姫路城の美しさの象徴でもある漆喰壁。

消石灰、貝灰、すさ(つなぎ材料)、海藻などの伝統的な材料で

仕上げる工法でその厚さはなんと3cmもあるそうです。

さすが日本の職人さん。素晴らしい!!

屋根瓦の継ぎ目にも特殊な漆喰が使われています。

それぞれの職人さんが最高の技術で作り上げているんです。

IMG_3479.jpg

大天守から長局(百閒廊下)まで見下ろせます。

大迫力!!

上から見ても長いけれど平面図で見るともっと長い((((;゚Д゚)))))))

IMG_3657.jpg
(姫路城パンフレットより)


姫路城は歴代城主が数多いので

黒田孝高(官兵衛)羽柴秀吉、池田輝政、本田忠政。。。等々

軒丸瓦の家紋も色々で。。。これもまた面白い(-ω-)/
IMG_0359.jpg


関ケ原合戦後に城主になった池田輝政公が

城内拡張工事を施し

今のような五層の天守閣の形にしたそうです。

みんなの家紋を付けて上げるなんてなんて懐が深いお方!!

姫路城⑥





下の画像は羽柴秀吉時代に作られた油壁です。

高さの違う塀に挟まれる形で残っています。

油壁ですけど油は使っていませんよ(笑)

色が油みたいなので油壁と言われたそうです。

赤土粘土と砂利、米の研ぎ汁で固めていて強度があり

鉄砲の玉もはじき返したと言われています。


姫路城⑫    姫路城⑭
油壁は白い漆喰が塗られていませんが度重なる火災でも類焼を免れています。

その下の石垣も秀吉時代の物です。

現代の技術と昔の技術が相合わさって生まれ変わった

白鷺城です!

今年のお城巡りの記事もこれで最後かなぁ。。。

まだ訪れていないお城が沢山あります!

お勧めのお城があれば教えて下さいね~!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

姫路城には姫路城大発見と言うアプリがあり

敷地内のARマークの所にスマホをかざすと

その情報が見られます。

歴代城主も驚いていることでしょうね~(#^^#)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  

Fumie記














[ 2017/11/03 13:28 ] 見聞録!! | TB(0) | CM(0)

いざ彦根城!

国宝彦根城!!
彦根城④
堂々たる美しい天守です。

表門から入城!!
彦根城入口


隣の彦根城博物館でひこにゃんがお出迎えしてくれましたヽ(´∀`)ノ

写真はないですがギャラリーが一杯いてすごく混雑してました。
ひこにゃん


重要文化財の天秤櫓です。

天秤櫓
この天秤櫓は天秤のような形状から天秤櫓と呼ばれ
我が国の城郭の中ではこの形状は彦根城のみです。

IMG_3183.jpg 

敵が責めてきた時にはこの橋を落とすなんてなんて捨て身なんでしょ(笑)


途中の石垣に見とれます。
彦根城⑥


またまた重要文化財の太鼓門櫓へ
天守を守る最後の砦です。
太鼓門櫓
もちろん登城の際にも

太鼓を鳴らして合図をしていたそうです。

今で言うインターホンか(^-^)/


いざ天守へ。。。
IMG_2705彦根城②


天守は多彩な破風で華やかな三層三階。
三階三重

所々に曲がった木材を組み合わせた梁が支えています。
彦根城内部②

急な階段。
いつも思うけどコケる人いたでしょうね!

彦根城内部
外観も内部も変化に富んだ美しい姿です。

しかし!!

天守も素晴らしかったけれどそれ以上に感激したのは

天守(本丸)から黒門に向かう途中に設けられた

井戸曲輪(いどくるわ)です。
彦根城 井戸曲輪
この曲輪(石垣)は彦根城の中で最も高く堅牢な構造になって居り
高石垣②

高くそびえる石垣は彦根城の見所の一つです。。。圧巻されました。
彦根城 高石垣

高さ20m近い高石垣が続きます。

高石垣③

高石垣④


こちらの石垣の石は丸みを帯びていました。
彦根城 石

築城当時のままでしょうかねぇ!!

明治維新に彦根城は解体されそうになったようですが 

大隅重信が視察に来た際にその消失を惜しみ

明治天皇に願い出て解体を免れたようです。


よくぞ残しておいて下さいました。

ああ本当にイイものを見せてもらいました(笑)
井伊直政像

(彦根駅前 井伊直政公銅像)



彦根城は関ケ原の戦後、家康公の命により直政公の長男の井伊直継公が築城し

ずっと井伊家の居城として彦根の街のシンボルになっています。

      Fumie記


[ 2017/09/30 18:16 ] 見聞録!! | TB(0) | CM(0)