前立(まえたて)

101028-01.jpg

これなんだかわかりますか?


101028-02.jpg

前立(まえたて)ですね。

つまり、兜のフロントに立てる装飾物のことです。



これは、当店カタログナンバー602・慶長梵字前立輪宝紋二枚胴具足の前立ですね。

三日月日輪の中に梵字が描かれています。

梵字とは仏教に関わりが深いサンスクリット(古いインド)の文字ですよね。

まぁ、直江氏の「愛」や白石氏の「也」と同様のことです。


101028-03.jpg

こちらは剣(つるぎ)前立。

毘沙門天をつかさどっています。


徳川四天王・榊原式部大輔康政が有名ですね。


101028-04.jpg

こちらはご存知、大三日月前立。

伊達政宗公ですね。



木製です。

実物も木製か革製ですよ。

戦の最中、なにかに引っ掛かっても落馬せずに折れるようになってたんです。


101028-10.jpg

天衝(てんつき)前立。

これは木製で左右分割式です。

左右を先に合わせて、二本の角元(つのもと)に差し込みます。

甲斐武田家や信州真田家、彦根井伊家で多用されました。

井伊家では、直臣はすべて天衝前立で統一されていたほどです。

ちなみに当主の井伊氏は同じ天衝でも横立(よこたて)です。
※本日は前立の話題なので写真割愛。


101028-06.jpg

家紋前立。

紋帳に載っている家紋ならあらかた出来ます。

ただし紋によっては別途料金がかかる場合がございます。


101028-07.jpg

日輪前立。

こちらは金箔押しですね。


日輪は、丸と中の抜けた輪抜きの二種類があります。

徳川家の伝令将校(御使番)は輪抜きの日輪前立で統一されていました。


101028-08.jpg

こちらは蜻蛉(とんぼ)前立。

蜻蛉は勝虫といわれ、戦国武将から重用されました。

なんでも後に退かないことから「負けない」という縁起をかついだそうです。


101028-09.jpg

魅(しかみ。)

獅子噛とも書きます。

今でもすべて木製の手彫りで作られています。


101028-05.jpg

こちらも手彫りの木製です。

龍、DRAGONです。

いやぁ、職人技です。



どうですか。

前立だけでもそうとうなラインナップです。

これでもほんの一部をご紹介したに過ぎません。



また、ご依頼であれば特注もお作り致します。


あなただけの世界でひとつのオリジナル鎧をお作りしませんか。
[ 2010/10/28 14:10 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/60-39b69b6c