修理・修復

お客様から甲冑の修理・修復のご依頼がありました。

100703-05.jpg

お宅へお伺いしたところ甲冑自体はそれほど損傷していません。

お預かりして塗装の剥がれや、家地、ヒモ類の劣化している箇所を修復します。



甲冑よりもむしろこちらの修復が必要のようです。
100703-01.jpg
鎧櫃です。

3本足の樽型で実に姿の良い鎧櫃です。

残念ながら金具が錆び、蝶番が壊れて分断されています。

それと、背負い紐が劣化してボロボロになっています。

革の中は縄です。


それらを修復致しました。
100703-02.jpg

まず、金具は錆びを落として塗装し直し、壊れた蝶番を復元します。

新しい縄と革で背負い紐を新調します。

所々木材の箇所も破損していたので、補修して完成です。



もうひとつ。
100703-03.jpg

こちらは鎧櫃のカバーです。

革製ですが、永い年月を経ているのでかなり草臥れています。

もう何年も保たないでしょう。

これは修復不可能と判断し、すべて新調致します。


こちらが作り直したもの。
100703-04.jpg

試しに鎧櫃にかぶせてみました。

寸法ぴったりで金の家紋も見事に再現されています。


記事には載せませんでしたが、今回の案件は金箔の押し直しなども行いました。


当店、修理・修復も得意とするところです。

眠っている文化財産を朽ちさせてしまうのは忍びありません。

ご予算に応じて材質や工程もご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
[ 2010/07/03 11:20 ] 修理・修復 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/41-7a517735