鎧を入れる箱を「鎧櫃(よろいびつ)」といいます。

飾る時は、飾り台にもなります。

鎧櫃には大きく分けて2種類あって、足がついてる通称6本足と呼ばれる「鎧櫃」と、つるりとした四角で取っ手のついてる「具足櫃」があります。

その鎧櫃の前側には「」という文字が入っていますね。

100605-01.jpg

こんな感じ。

これは何でしょう?

前後を確認する為ではないんですよ。

これは一種の魔除けのような物なんです。

臨、兵、闘、者、皆、陣、列、在、前
りん、ぴょう、とう、しゃ、かい、じん、れつ、ざい、ぜん

時代劇なんかで忍者が手で印を結びながら唱えますよね。

その呪文の最後の文字、「前(ぜん)」がそれです。


迷信じみていますが、私(当ブログ管理人)個人は魔という物が家に入って来るということを、結構信じている方です。

鎧は武門のならわしだけでなく、一般的な魔除けでもあるのです。
[ 2010/06/05 07:40 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/33-a8ac57d2