FC2ブログ






天下分け目の関ケ原。

前から訪ねてみたかった
関ケ原に行って来ました。
その地は今から418年前に全国の大名たちが
天下分け目の決戦を繰り広げたとは思えない
清々しい青空の広がる長閑な場所でした。

開戦地②

東軍・井伊直政・福島正則隊が西軍宇喜多秀家の明石掃部と
衝突したのを皮切りに合戦の火ぶたが切られた開戦地。
開戦地③

石田三成隊が陣を構えた笹尾山。
敵の侵入を防ぐための竹矢来がが二重に張られています。
笹尾山②

石田三成隊の先鋒として陣を構える島左近隊。
島左近

笹尾山を登って行くと
笹尾山③

この展望!
関ケ原すべてを見渡せる陣所です。
さすが治部少輔。。。ここまでは西軍が有利だったんですけどね。
笹尾山

笹尾山の真下に広がる決戦地。

決戦地


最初に陣を置いた桃配山から戦況を見極めるために
笹尾山から程近い所に陣を移した徳川家康公。
家康最後の陣③

西軍の小早川秀秋隊が東軍に寝返ったのを見て
脇坂隊・朽木隊・小川隊・赤座隊も東軍に寝返り
西軍は総崩れ。東軍の圧勝となり
覇者となった家康公の床几場で首実検も行われました。
家康床几場 ph_702.jpg



東西合わせて20万人近い全国の大名がここに集結し
天下を分けて壮絶な戦いを繰り広げた関ケ原は
日本の気候もここを境に変わるようですが
文化・味付け等も日本の境界になっているようです。

西軍    東軍
昆布だし    鰹だし
丸餅       角餅
青ネギ       白ネギ
カレー牛肉       カレー豚肉
鰻腹開き       鰻背開き
豚まん       肉まん
マクド      マック
エスカレーター右      エスカレーター左


今回は東京を朝早く出発したのですが関ケ原に着いたのが
午後になってしまい半日しか見て回れませんでした。
次回はこれら文化の違いも確かめつつ
関ケ原周辺をゆっくり歩いてみたいと思います。

             FUMIE




















[ 2018/08/25 16:46 ] 見聞録!! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/292-2f77f2f3