勝矢祭(亀戸香取神社)

昨日5月5日は端午の節句。

亀戸にある香取神社では、勝矢祭と称する毎年鎧武者による行列が催されます。

亀戸 香取神社については下記をご覧下さい。
http://www.katorijinja.or.jp/index.html

勝矢祭の由来は千年も昔に遡ります。

平将門追討を祈願して、無事平定後に弓矢を奉納したことから「勝矢」が祭られたそうです。

その後1000年の間、源頼朝、徳川家康などの武将達、塚原卜伝や千葉周作などの剣豪などから篤い信仰を受け、今日には【スポーツ振興の神】として数多くの参拝者が訪れます。

勝矢祭は、自分に勝・人生に勝・病気に勝
として、今では受験生などからも人気があるようです。

さしずめ今なら不景気に勝つ、ってことで行ってみてはどうでしょう?


さて、その勝矢祭ですが、実はこのお祭りで使用される甲冑はすべて当社でご購入頂いたもので、毎年お祭りの際には着付けに駆けつけています。

100505-01.jpg

着付けが終って御社殿の前に整列です。

今日は天気がよくて武者達は暑くて大変そうです。

100505-02.jpg

エイ! エイ! オォーっ!

と鬨の声を上げます。

皆さん、気合いが入ってきました。

100505-05.jpg

右の方が今年の御大将です。

大将だけは兜をかぶります。

100505-03.jpg

この方は、氏子さんではありませんが、自前の大鎧で参加されています。

この大鎧も当社でお買い上げ頂きました。

100505-04.jpg

さすが歴史ブームです。

歴女のレディースも参加されていました。

自分用に一領こしらえて、時代祭に参加するっていうのもありかも知れません。

その際は、ぜひ鎧の光山堂までご用命下さい。
[ 2010/05/06 18:27 ] お客様の鎧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/25-c0a23c32