現代童画展!鎧の絵!

この絵の真ん中に描かれている鎧は光山堂の鎧を素にして描いた絵です。

画家の髙崎順先生が上野の東京都美術館で11/8~15まで

現代童画展が開催されていて出展されていました。

 img072.jpg
(髙崎先生が届けてくれた縮小画です。)

実物は100号(162.1×130.3cm)の大作です。

中央に鎮座する甲冑がリアルで美しい事。

月の光に照らされた刀も流石ですが全体にチョット不気味さがありますね。。。ゴメン

日本の伝統文化が誇る鎧がこのような絵画で表現されていると

毎日鎧を見ているにもかかわらず

また違った感覚でひきつけられますね。

この作品は基よりもっと鎧を知って頂きたいと望んでいます。

この絵に出逢えて大変嬉しく思います。

何事もご縁ですね。。。大事にしないとね!!



[ 2015/11/26 17:23 ] 日々草々 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/243-c6797c9d