大関ヶ原展!!

大関ヶ原展に行って来ました!

江戸東京博物館で開催されている大関ヶ原展に行って参りました。
関ヶ原で実際に用いた甲冑や武具が
過去最高の規模で展示されているのですから行かなければ。。。
東京会場だけでも前期・後期で展示物が変わるので
前期展示が終わる直前に行って来ました。

展示は時代を追って構成されてます。



1. 再乱の予感

慶長3年8月18日太閤秀吉公がこの世を去って
今まで水面下にあった様々な対立関係が
大きなうねりとなり日本全国に広がっていった。
item_605-3.jpg

覇者の足場を固める家康公率いる東軍
秀頼公を楯に天下を狙う石田三成率いる西軍!
いざ決戦へ。。。

太閤秀吉公直筆のの辞世が切ない。。
辞世
露とおち 露と消えにし わが身かな
難波のことも  夢のまた夢


2. 合戦の前夜

その時代に戻ったような血判付の書状の数々。
合戦の前には色々な画策が練られていたようです。
慶長5年6月16日上杉に謀反の疑いありと
家康公が会津に出陣したのを皮切りに
石田三成は盟友大谷吉継と兵を挙げます。
『内府違いの条々』を御旗に日本中に激震を発しました。
内府ちがひの条々②

この辺はめったに見られない物の宝庫でした。
榊原康政公の鉢巻兜と無の字が胴に入っている鎧。
鉢巻形兜


薙刀直し刀【骨喰籐史郎】(ほねばみとうしろう)。。。
今アニメ?ゲーム?で話題だそうで人だかりがすごい((+_+))
骨喰籐四郎
刀身の彫金が素晴らしい!!アニメ人気だけじゃありません。圧巻です。


3. 決戦関ヶ原

慶長5年9月15日日本の歴史を変える決戦は
圧倒的有利と言われていた西軍の敗北により一日にして決した。
疑心暗鬼の不安を抱える各武将達。
西軍の大勢力である小早川秀秋の寝返りが西軍を狂わせた。
見所は盛り沢山なんですが私的には今まで一度も
お目に掛かれなかった金扇馬印に心躍りましたねぇ~\(~o~)/
金扇



こちらもはじめてお目にかかりました。

本多忠勝公所用の槍。。。
  
蜻蛉切
蜻蛉切。。。

裏の梵字も
鏡に映してしっかり目に焼き付けました。



4.  戦後の世界~天下人への道のり

関ヶ原の本戦はたった一日にして決したけれど
家康公の天下人までの道のりはまだまだ険しいものだった。
石田三成・小西行長・安国寺恵瓊は合戦の
首謀者として捕らえられ京都六条河原にて処刑された。
今回は石田三成生捕覚書なる物も展示されています。
生捕って。。。生々しい覚書ですね。。。


5.  徳川家の素顔

ここからは家康公の一生を展示してありますが
有名な洋時計等多くは後期の展示だそうです。


6.  エピローグ

大坂夏の陣で豊臣家が滅びるのを見届けて
元和2年4月17日徳川家康公は亡くなりました。
家康公没400年にあたる今年は
家康公にまつわる展示会やお祭りが続きそうです。
item_702.jpg
4/25~5/17に家康の夢に出てきたと言う大黒頭巾の鎧が展示となります

また見に行っちゃおうかな。。。(*^。^*)
 

☆大関ヶ原展☆

江戸東京博物館  2015年5月17日まで

京都文化博物館  2015年6月2日から7月26日まで

福岡市博物館   2015年8月7日から10月4日まで

機会があったら足を運んでみたら如何でしょう。

歴史好きにはたまりませんよ~φ(..)メモメモ

※PS、画像は全て資料より引用
[ 2015/04/21 17:14 ] 見聞録!! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/228-54c25b65