京の大仏さん!

♪♪~ 京の京の大仏っあんは天火で焼けてな

三十三間堂は焼け残った

どんどんどん

こりゃどんどんどんどん ♪♪~


京都の大仏を御存じだろうか?

秀吉公が奈良の大仏より大きな大仏を作ったのがが文禄4年

その翌年、慶長元年の大地震で開眼を待たず崩壊してしまったそうな・・・。

その時秀吉公は

京の街を守るべき大仏が一番先に倒れるとは・・・とお怒りになったそうな・・・。

その後に何度も再建されたが地震、雷、火事と災難が襲い現存はしていない。

その場所は京都の駅にほど近い方広寺の境内!

余りにも有名な梵鐘。



豊臣家と徳川家の争いの元となった梵鐘のみが立派に残っていますぞ~。

問題の国家安康の文字!!
方向字 

その他の豊臣家の遺構は家康公によって取り壊されているのに

この梵鐘はなぜ残っているのでしょうね。

不思議です!


話は変わりますが・・・・・・・!!
それにしても大きな石垣ですね。 (大和大路通)
 
巨大な石垣が今では僅か200m現存しています。

大仏さんの大きさを物語っていると思いませんか?

隣の豊国神社に参拝。(こちらもかつては方広寺の境内です。)
国宝に指定されている唐門。
唐門
伏見城から移築されました。
桃山時代の粋を集めた豪華な唐門です。

社務所を抜けると宝物館です。
宝物館
入るとびっくり!
千成瓢箪の旗印です!
ガラスケースに入っていませんから・・・(@_@;)

そしてガラスケースの中にもお宝がたくさんあって・・・それも監視員の方もいません。
大丈夫なんでしょうか・・・??心配(@_@;)
歴史好きな人ならワクワクする物が並んでいますよ。
天衝の鎧・鼻紙入れの付いた鎧や
豊国祭礼図の屏風など・・・(^O^)/
秀吉公が加藤嘉明公に送った≪歯≫なんて言うのもありました。

使っていた獏の枕で

太閤さんは夢のまた夢を見ていたんでしょうかね~!!

 
あえて馬藺兜の後ろ姿を載せてみました・・・・深い意味は無いけれど
[ 2012/10/01 11:32 ] 見聞録!! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/145-d29a1d39