スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武田の赤備え

武田軍は一手衆ごと色も含めて兵装の規格を決めていた。

武田 (1)


その中でも赤備え軍が余りにも強かった為

赤備えイコール精鋭部隊とか最強部隊のイメージが強い!

そんな武田軍の赤備え部隊は

 飯富兵部少輔虎昌隊のち山縣三郎兵衛昌景隊 

 浅利右馬助信種隊 内藤修理亮昌秀(昌豊)隊 

 小幡上総介信真隊 の四隊である。

三方が原で山縣昌景公率いる赤備え軍が家康公の本陣に迫り

大将の象徴・馬印を倒し 家康公は浜松に逃げ帰って

「それにしても山縣と言う男は怖ろしき武将じゃ殺される処だった。」

と言ったとか言わなかったとか・・・。
家康
岡崎城に行った時の写真です。

武田軍勢。。。流石に面白い・・・また折を見て!!
[ 2012/02/15 11:24 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/124-85432bc2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。