井伊の赤鬼!

武田家滅亡後、家康公から多くの

武田遺臣(多くは山縣昌景隊)を付属された井伊直政公

天正10年の冬、軍具を赤色に統一し多くの精鋭部隊の大将となった。

井伊の赤備えの始まりである。
item_353.jpg


しかし具足の統一には時間が掛かり

すべて統一出来たのは天正12年頃と言われる。

小牧長久手の戦で三千の赤備えの軍勢は『赤鬼』と称され、

井伊の赤備えの武名はますます高まったと言う。


道にてのろし一筋見えければ、いよいよ急ぎ我先にと行列少し乱れしが、
井伊万千代直政ばかり赤備え三千ばかりにて押太鼓を打ち、
いかにもしずしずと行列正しく押し来る (東遷基業)

井伊直政若干23歳にてこの統率力・・・


詳しくは光山堂ウェブカタログをご覧下さい。
[ 2012/06/02 12:03 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/122-ef9a9f4e