男の子が産まれたら!

1月も終わりに近づきお正月ムードも終わった頃になると毎年、

端午のお節句のお問合せが多くなって参ります。

今回は子供用の着用鎧をご紹介したいと思います。

そもそも男の子が産まれるとなぜ鎧や兜を飾るのでしょう?

男子が産まれると今も昔も強く逞しく育ってほしいと親の願いは同じです。

その為、勝負には欠かせない鎧や兜を飾って

強い男に成長する事を願っていたのです。

端午の節句の5月5日に勝負にちなんで菖蒲湯に入るのも

同じく昔からの慣わしですね。

お店にも子供用甲冑を数多く取り揃えて居りますのでぜひご覧下さい。

今、日本で一番必要なリーダー・・・と言えばこの方

ご存知伊達政宗公の稚児鎧です。
ブログ用伊達
カタログNo515
鉄黒板札五枚子供着用具足

行動力あふれる指揮官!
時代が違えばこのお方が天下統一していたでしょう。   
☆☆2月の特選鎧☆☆ 

梵天丸の幼名期の着用鎧もご用意しております。
梵天丸
カタログNo511
緋糸威金伊予札子供具足


そして強く逞しい武将と言えば・・・この方

武田晴信太郎  → 武田信玄公の稚児鎧です。

晴信
カタログNo512
蓬糸威黒伊予札素懸子供着用子供着用鎧

諏訪法性兜具足と並んで人気があります。

まだまだあります。詳しくは光山堂の うぇぶさいとご覧下さい。

受注制作ですのでそろそろとお考えの方はお早めにご相談下さい。
家紋入れ・各種変更請け賜ります。
 0120-00-4658 まで
      次回は子供大鎧をご紹介していきます。
[ 2012/01/28 15:37 ] 作品のご案内 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/120-44955d48