総角

これ何でしょう?
 総角

鎧の背中に付いている房!
総角です。

あげまきって読みます。

蜻蛉十字に結ばれています。

(東方結び・叶結び・十字結びとも言われています。)


ではなぜ鎧の胴の背中部分に付いているか・・・?

飾りでしょうか・・・?

鮮やかな糸で織られています。

そして房まで付いています。

しかし、総角は装飾の為だけではなく袖の緒と連結させて

腕の動きをよくする為の物なのです。

(水呑みの緒の長さを決めて胴背の総角に結び付けておくと
川の水をかがんで飲む時、 袖が下がって濡れないなど・・・)

小さい物は兜の笠印附の鐶や胸の両乳の鐶に付けます。

兜の総角は兜のずれを直すものなんでしょうかね・・・??

あれは敵味方の区別を付けるために小旗を結び付けるものなんですよ。

広い戦場では敵味方がわからないですからね(>_<)


総角台や総角付の彫刻も菊の花等を表すなど凝っています。


背中 

              後ろ姿もこだわってます 
[ 2011/12/14 10:30 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/113-a366006b