小刀の話!

今日は小刀についてお話します。

まずは鎧通。

戦国時代は組み討ちになる場合が多かったようです。

鎧通は名の通り敵の鎧を差し通す目的で作られた刀です。

鎧通
刃が分厚く鋭利ででそりがあまりないのが特徴です。
                     
                  鎧通刃
抜いてみました! ホント!鋭利で怖いですね!
         ご心配なく・・模造刀なので切れませんから・・・。

そして脇差。

一般に大小拵の小の方を表している様です。

戦場で相手を刺した時、首を切り落とすのが脇差だったらしいです。

怖い話ですけど綺麗ですね。こちらは蒔絵が付いています。
脇差
抜いてみました!
                 脇差刃
何度も言いますが切れませんので御安心を・・・。

その他、鍔がなく柄と鞘の口が直接合う合口もあります。
合口
こちらはちょっと短めです。    
                 合口刃

色々な種類があって奥深いですね。

HPに載っていない刀類もたくさんお店の方に取り揃えて居ります。

お問合せは 0120-004658 まで。

またはinfo@kozando.co.jp にメールでお問合せ下さい。




[ 2011/10/13 16:08 ] 作品のご案内 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoroinokozando.blog65.fc2.com/tb.php/104-75739c49