大多喜城の企画展!!

千葉県立中央博物館 大多喜城分館で

『甲冑とその時代』と言う企画展が開催されています。

初公開資料を含む甲冑22領、兜15領が公開されています。
(前、後期入替有)

20151128140916739.jpeg

2015112814091861e.jpeg 
このチラシにも載っている菊一文字鎧が見てみたい。。。と言う事で

休日に出掛けてみました。

菊一文字 
(図録より)

本物は青森県の国宝として櫛引八幡宮の国宝館に展示されています。

展示品は複製ではありますが

甲冑師の三浦公法先生が3年半の歳月をかけて

昭和57年に完成された渾身の作です。

その他にも南北朝時代の縹糸威胴丸(はなだいとおどしどうまる)もありました。

痛みが激しくバラバラになっていましたが

後世に伝えたい貴重な日本文化です。

201511281508066fe.jpeg 
(図録より)


椎実形兜に鹿角形の脇立と獅噛前立の朱塗紺糸威素懸胴具足。
 
201511281548282ee.jpeg 
(大多喜城HPより)

その他変わり兜もたくさん展示しています。

12月6日(日)までの開催です。

お時間が取れましたら出掛けてみたらいかがでしょう。





[ 2015/11/30 16:41 ] 見聞録!! | TB(0) | CM(0)