時は今雨が下知る五月哉

東京も例年よりずいぶん早く梅雨入りしました。

しばらくじめじめしたお天気が続きそうですね。

さつき


そんな時期に詠まれた歌があります。

日本の歴史を大きく変えた一日を前にして詠まれた歌です。

天正10年(1582年)5月28日

織田信長公の理不尽な対応にて中国攻めの命令を下された明智光秀。

坂本城を出て京都の愛宕神社に参籠していた。

その時に詠んだ歌が

時は今雨が下知る五月哉


時・・・・明智光秀の本家(土岐)

雨・・・・・・・・・・・天(天下)

つまり

土岐が今こそ天下を取る五月哉

その後中国攻めから取って返し本能寺に向かった明智軍。

6月2日には日本の歴史が大きく変わってしまったのは言うまでもありません。

信長


[ 2011/05/28 15:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)