清正公(せいしょこ)さんの具足写し

熊本県民のみならず、全国的に愛されている加藤清正公

地元熊本では親しみを込めて清正(せいしょこ)さんと呼ぶらしい。

その魅力は、なんといってもその武辺と政治力。
虎退治で有名な程槍の使い手であるとともに、采配を振れば野戦、攻城戦、篭城戦、なんでもイケル。
武辺一辺倒かと思えば、治水や築城や撫民など細やかな政治も得意とするオールマイティ武将なのである。

また、主君秀吉・秀頼への忠義は、パフォーマンスだけの他の武将と違い、いち早く徳川の世到来を察知し、豊臣家温存のためにリアルな戦略を立てる、徹頭徹尾リアリストでもある。

その加藤清正公所用具足の写しをご紹介します。

100225-01

まずは兜。
有名ですね。
長烏帽子の兜です。
数々の武者絵や熊本城の銅像もこの兜をかぶっておられます。

100225-02

胴はボタン掛けの桶川胴。
しころや袖は金当世小札(きんとうせいこざね)の毛引き威しです。
当世小札とは、小札が革であるのに対して、一枚の鉄板で作られたものをいいます。
切付札(きりつけざね)ともいいます。

兜にもあるますが、胴の真ん中の輪っか、実はこれ蛇の目という清正公のトレードマークなんです。
戦場では相手から、ヘビが睨みつけてるように見えるらしいんです。
お髭ボーボーの清正公が向こうで睨んでいたら恐いでしょうね~。

100225-0

後ろです。
総角(あげまき)という結びがありますが、昔の名残ですね。
昔(大鎧や胴丸)の頃は袖が大きくて、前屈みになると前へダラーンと下がってきて邪魔になるので、ここに袖のヒモをくくり付けて固定したのです。
当具足の袖にもひもがついてますね。
この頃は袖はぐっと小さくなっているので、ひもなしでも邪魔になりませんので、ひもは装飾です。
でも、何も無いより美しいです。
日本の美を感じます。

豪傑のようでとても繊細な清正公の生き様が伝わるようです。
[ 2010/02/25 09:26 ] 作品のご案内 | TB(0) | CM(0)