FC2ブログ






金箔押しの兜!

徳川家康公所用!

金溜塗具足!

金箔押しで仕上げました。

ご覧の通り、ピッカピカです。

金溜 (1)


☆眩いです☆
[ 2012/03/07 10:02 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(2)

祝・男子誕生/祝・七五三 着用稚児鎧!!

☆★☆★☆端午の節句☆★☆★☆

男の子の逞しい成長を願い鎧、兜を飾りましょう。・・・・これが端午の節句!

大河ドラマ 平清盛 の影響もあり大鎧のお問合せも多くなってきています。

着 用 稚 児 大 鎧 
 
子供大鎧
赤糸威当世子供大鎧

甲冑師の熟練の技と丹精を込めて仕上げた力作で一層典雅な趣が漂います。

節句の時期が迫るにつれて甲冑の制作納期が通常より必要になってきますので

お早目に御相談下さいます様お願い致します。


強く賢いお子様の成長を願うのに犬千代の子供着用鎧も人気がございます。

犬千代

赤糸威伊予札素懸子供着用鎧
前田利家公の幼名・・・前田犬千代着用具足

犬千代の鎧を基本として

 威糸の色や家紋の変更・お客様のアレンジやオリジナルも制作致します。

受注後の制作となりますのでお早めにご相談下さい。

他に武具・装束も御座いますので光山堂のうぇぶさいとをご覧下さい。

お電話でのお問い合わせは 0120-004658まで

[ 2012/02/04 16:00 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(0)

総角

これ何でしょう?
 総角

鎧の背中に付いている房!
総角です。

あげまきって読みます。

蜻蛉十字に結ばれています。

(東方結び・叶結び・十字結びとも言われています。)


ではなぜ鎧の胴の背中部分に付いているか・・・?

飾りでしょうか・・・?

鮮やかな糸で織られています。

そして房まで付いています。

しかし、総角は装飾の為だけではなく袖の緒と連結させて

腕の動きをよくする為の物なのです。

(水呑みの緒の長さを決めて胴背の総角に結び付けておくと
川の水をかがんで飲む時、 袖が下がって濡れないなど・・・)

小さい物は兜の笠印附の鐶や胸の両乳の鐶に付けます。

兜の総角は兜のずれを直すものなんでしょうかね・・・??

あれは敵味方の区別を付けるために小旗を結び付けるものなんですよ。

広い戦場では敵味方がわからないですからね(>_<)


総角台や総角付の彫刻も菊の花等を表すなど凝っています。


背中 

              後ろ姿もこだわってます 
[ 2011/12/14 10:30 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(0)

吹返の話!

吹返ってどうしてついているんでしょうか・・・との質問を受けた。

その答えは・・・矢を防ぐ意味で顔面の両側を守っている。
                
 確かに大鎧の時代には吹返が大きく張り出している。
  その昔は、𩊱の頬当上の札板が上部に上がったものが発展したと考えられる。
大鎧

騎馬戦で矢がバシバシ飛んでくるのを避けるのに吹返があると
  命中する確率はかなり低くなる。

それじゃあ当世具足の兜の吹返は何の為に付いているのだろう。
影武者吹返

   吹返自体が防御の為から装飾へと変わっていったのだろうか・・・。
そのせいか大きくせり出した大鎧には据紋が打たれている。
 
302吹返

だんだん煌びやかになってきて。

鉄地政宗吹返
吹返の形もそれぞれ。

犬千代吹返 
家紋を入れたり、糸を威してみたり・・・。

一豊吹返

中には花弁の形や毛皮で出来た吹返もあった。

(作り手のこだわりが面白い物を世に産み出していくのだろう。)

今も昔も同じ!
男性もおしゃれを楽しんでいたようだ。

室町時代までの𩊱は本小札だった為 吹返は𩊱より一段少ないのが一般的であった。


[ 2011/11/29 10:15 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(2)

家紋前立

今日は家紋前立をご紹介したいと思います。

五七の桐 
               五七の桐
     
               太閤秀吉さんの有名な紋。
               リーダーシップはピカイチ。日本の舵を取って下さい。
      

ご存知武田菱 誰もが知っていますね。

武田菱
  
    風林火山で日本を変えていただきたい。



六文銭。        
              六文銭
    
              真田家の粘り強さ、若さはこれからの日本に必要です。

      
        まだまだ色々あります。

        お宅の家紋は何ですか?

        自分の家の紋を知らない人も多いこの世の中・・・。

        我が家の紋は・・・ぜひ知って下さいね。
[ 2011/07/14 14:53 ] 作品の詳細 | TB(0) | CM(0)