春爛漫!小さいお客様!

昨年の大河ドラマ 『真田丸』 の影響か

小さな甲冑ファンが増えたようです。

『真田丸』を見て武将に興味を持ち、人間関係を学び

鎧や武具等を間近で見たくなったのでしょう。

この春休みも各地からお父さんお母さんに連れられて

鎧を見に来てくれました。

保育園児から中学生まで夢中になって

甲冑を見つめています(@_@;)

中には帰りたくないと言い出す子まで(笑)

大阪から始発でお父さんと来てくれた

小学生の伊織君は甲冑や刀にも詳しくて

お土産にと武将の絵を描いてきてくれました。

伊織君②

ありがとう!!伊織君!!

東京の桜も満開を迎え。。。
小学校の桜

今日は地元の小学校も入学式でした。(実は2番目の孫も入学でして。。。)
入学式②

明日から新一年生の可愛いランドセル姿が見られるかな(*^_^*)

子供達の大きな未来に期待して。。。春爛漫




[ 2017/04/06 15:30 ] 日々草々 | TB(0) | CM(0)

骨董鎧の修理修復!

永い間、蔵の中で眠っていた本歌の鎧。

櫃の蓋を開けると色々な物が収納されていました。

陣羽織、旗印、鼻紙袋の中には村名と7人の氏名の書かれた古いメモ用紙。

この鎧に関係した人達なんでしょうか?・・・鎧だけが知っている。

現在の地図を調べてみると今は町名になっていますがその村名は存在していました。

そんな由緒ある鎧の修理をお手伝いさせて頂きました。

☆ Before ☆ 

兜は六十間もあるとても良い筋兜です…ネ。
兜修理前
威し糸は切れて錣の小札の一部も破損して剥がれています。
兜修理前2

五枚胴の内張りの革が剥がれ化粧襟も外れて手当てが必要です。
image5.jpeg

 

襟回し  

胴の裏の剥離。
後胴②


草摺の裏に鼻紙袋。
この中にメモった紙が入っていました。
鼻紙袋
遠い古の記録が今蘇り外の光を浴びた・・・のです。

袖の裏、篭手、臑当も傷んでいました。
image8.jpeg 

籠手修理前② 


臑当て裏
佩楯はデニムの様な麻の家地です。
佩楯修理前 

櫃の底も虫食いが目立ちます。
このままでは朽ちて飾る事は難しく今の内に補修が必要と思われます。
櫃修理前 


☆ After ☆


兜修理後③

兜は小札の欠損部分を補修し糸も威直し見事に奇麗になりました。


本歌の前立ても作り直しました。
前立 

検品も兼ねての飾付
右向き

袖や篭手も欠損部分を補修し裏生地を新調。
after (13) 

after (12) 


櫃裏も補修して末永く飾れるように直しました。 
櫃裏 

このままにしていたら朽ちてしまうであろう日本文化が生き返った瞬間です。
全身

同時にお預かりした三十二間兜。
三十二間筋兜修理前 

こちらも綺麗になりました。

三十二間兜前 

こうして鎧兜が甦り、家を守り続けて歴史を刻んでいく事でしょう。

お手伝い出来て本当に良かったです。
[ 2017/03/16 10:45 ] 修理・修復 | TB(0) | CM(0)

島津の陣風!

光山堂の古くからのお客様の一海(片山洋一)さんが

第二作目の小説を出版されました。

その小説がこちらの

『島津の陣風(かぜ)』 です。

島津の陣風③

私もまだ読んでいる途中ですが登場人物の描写が

面白くてぐいぐい引き込まれています!!

朝日時代小説大賞を受賞した前回の大坂誕生に続く大作です。


島津義弘島津の陣風②

島津の陣風①

いかにして最強軍団は関ヶ原を生き抜いたのか。。。こうご期待!!

島津の陣風⑥

面白い・・・一読あれ!!
[ 2017/02/21 14:46 ] その他 | TB(0) | CM(0)

右から左に受け流す。

1月最終日!!

お店にいらっしゃいました(*^^)v

ムーディ勝山さん!
ムーディ勝山さん 

 葛飾わらしべ鑑定団の収録です!

葛飾区内の色々な所を回って

わらしべ長者の様に物々交換をしているそうです\(◎o◎)/!

光山堂に回ってきたのは紹興酒!!

取り換えっこしたのは 和柄の財布!!

ムーディさんわらしべ鑑定団

サインにも快く応じて下さったムーディ勝山さん!!
ムーディ勝山さんサイン

サインはやっぱり。。。

右から左に受け流す。。。

image1.jpg

人間生きていく上で右から左に受け流すってとても大事。。。だと思います(笑)


ムーディ勝山さんのさらなるご活躍をお祈りしております。

吉本興業の芸人さん5000人もいるんだそうです。

名前と顔が一致して

顔を見るとメロディが流れてくるって

ムーディさんってすごい人なんだね!!
[ 2017/02/03 17:08 ] お店 | TB(0) | CM(0)

日本橋 兜神社!

前から一度お参りしてみたいと思っていた場所がありました。

その名も 兜神社!!

このお正月休みに行って参りました。

兜神社社殿

兜神社はナント。。。首都高速道路の下にあります。
高速道路の下

門から手水舎まで兜。兜。兜
兜神社門

兜神社手水舎

兜神社①

兜神社の由来は

     ◎平将門の兜をこの地に埋めて兜塚として祀った説 
 ◎源義家が岩に兜を懸けて戦勝を祈願した説        
          ◎源義家が奥州より凱旋の際に東夷鎮定の為兜を埋めた説

等々ありますが裏付けはないそうです。

源義家が兜を懸けたと言われる兜岩は現存しています。

兜岩

兜岩②

この兜神社に因んで
現三井物産である東京商社の三井八郎右衛門氏が
東京府に願い出てこの地が 兜町 と言う町名になりました。

さてこの兜神社、普段は神主さんも常駐していないのですが
お守りを頂くことが出来ます。
兜神社お守り

このありがたいお守り。。。どのように手に入れるのでしょうか??

東京証券取引所
正解は !!

兜神社のすぐ近くにある東京証券取引所で授かる事が出来るんですよ!!

入る時に飛行機に乗る様なセキュリティチェックがあります。

東京の経済の中心地ですからね!!

近くには橋が架かる前に渡し船が渡っていた鎧の渡し跡もあります。
鎧の渡し
安藤広重
現在は鎧橋が架かっております。
鎧橋

 鎧橋②

それにしても高速道路がじゃまですねぇ~!!

どうして橋の上に高速道路を作ったのでしょう??

誰も反対しなかったのか。。。小池都知事みたいな人がいなかったのかな(笑)


皆さんはどう思いますか?
[ 2017/01/07 15:40 ] 見聞録!! | TB(0) | CM(0)